045-835-2000

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所について

居宅介護支援とは

「居宅介護支援事業」とは、“要介護1”以上の認定を受けた人に対してケアプラン(居宅サービス計画)を作成することで、そのケアプランを作成するケアマネージャーが常駐する事業所を「居宅介護支援事業所」といいます。

また、要介護認定により“要支援1”もしくは“要支援2”に認定された方については、居宅介護支援事業所ではなく「地域包括支援センター」で介護予防ケアプランの作成が行われます。

 

サービス内容

「居宅介護支援事業所」では、次のようなサービスを提供します。

1

ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

介護保険でのサービスを利用するために必要となる“計画書”です。

ケアマネージャーは、利用者それぞれに最適な介護保険サービスの種類や利用回数などを計画してケアプランを作成します。

2

関係する事業者や行政との調整、および手続き代行

サービス提供事業者との調整や手続き、市区町村への要介護認定の変更や更新などの代行を行います。

3

モニタリング

対象となる方

刻々と変化する利用者の生活状況や利用者の状態を把握するため、1か月に1回以上、ケママネージャーが利用者の自宅を訪問して確認します。この結果をもとにして、必要に応じてケアプランの見直しなどを行います。

費用について

ご本人さまの費用負担は発生しません(全額が介護保険による負担となります)。

利用の流れ